小島家の「うな丼」

昭和23年の創業以来、地域で長く親しまれている磯子区・浜マーケットの老舗うなぎ店「小島家」。毎日お店で割く新鮮なうなぎで作る自慢の「うな丼」は、横浜の商店街”丼もの”NO.1決定戦「ガチ丼!」においても銅賞を受賞。蒲焼きは”てり”がきれいで、身はふっくらぷりぷり、口に入れるとホロホロとくずれる柔らかさ。つぎ足しつぎ足し引き継いできたという秘伝のタレも、自然な甘みと旨みでうなぎ本来の美味さを引き出す味わい。先代が魚沼出身でこだわりのご飯、箸休めの自家製漬物も、うな丼の楽しみを一層引き立てる。気軽に立ち寄って本格的なうなぎを楽しめる町のうなぎ屋さん。
小島家うな丼1-THE YOKOHAMA STANDARD

<割き8年、串打ち3年、焼き一生>といわれるうなぎの蒲焼。身と身の間にしっかりと串を打ち、しら焼き・蒸し・タレをつけ再度焼く、という工程で調理される。焼きでは「表面に油が浮いてくるかどうかを見ている」と語る店主。焼き方で”てり”の出方が違うという。
小島家うな丼2-THE YOKOHAMA STANDARD

小島家2-THE YOKOHAMA STANDARD

小島家
住所:横浜市磯子区久木町20-3(浜バス停前)
定休日:毎月「9」と「0」の日(9・10・19・20・29・30)

(関連記事)
【横浜の商店街】浜マーケット


2015-10-28 | Posted in レストラン, グルメ | tag:

関連記事